まずは相談

次に契約

探偵事務所にもちこまれる案件のほとんどが浮気調査だといわれています。浮気調査の目的は、「浮気の証拠」を写真や映像におさめることです。では、実際に探偵事務所へ浮気調査を依頼した場合、どのような流れで調査がすすめられるのでしょうか。

探偵事務所での面談のあと、依頼することを正式に決定したら、契約をします。契約完了後、いよいよ調査開始。浮気調査では尾行調査が主になり、さまざまなシーンに対応できるよう、2人1組、もしくはそれ以上の人数があてられます。ホテルやレストランなど、調査対象と同様に男女のカップルのほうがめだたない場合に備えて、女性の調査員も用意されるのが普通です。

尾行して、ただ「2人が会っているところ」の現場を押さえるだけでは、浮気の証拠にはなりません。例えばむかいあって食事をしているだけでは浮気の証拠としては不十分なので、2人でホテルの部屋に入っていくところなど、決定的な瞬間を抑えるのが探偵の仕事です。

調査中は随時経過報告が行われ、終了後には調査報告書が渡されます。ここで調査結果に満足できれば、報告書と証拠資料を受け取って調査完了となりますが、ケースによって、まだ調査を続けたいということであれば、ここで調査の延長や別の側面からの調査について相談の上、また契約をすることもできます。浮気調査の価格は結構な値段になることもあるので、契約前によく確認するようにしてください。

ページのトップへ戻る